お江戸の料理

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近買った本を読み終えた。
「みおつくし料理帳」の7巻、「夏天の星」。

池波正太郎の「剣客商売」や「鬼平犯科帳」のシリーズも作中に出てくる料理の旨そうな描写が魅力的だが、この物語も女性料理人が主人公なこともあり、料理の描写が多く、そのどれもが美味しそう!
伏線が多くいつ完結するかも想像がつかないが年に二冊づつ出るらしいので、次の巻がすでに待ち遠しいです。(笑)



今度の休みは鯛の荒煮でも作るかな…。
スポンサーサイト
この記事へのコメント:
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック URL
http://iotom.blog.fc2.com/tb.php/150-b1570368
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © iotom_blog All rights reserved. | 

まとめ / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。